第58回佐賀県アマチュア野球王座決定戦県大会

  • 決勝
    佐賀銀行
    ひらまつ病院
    (投手)梅崎 (捕手)山本
  • (三塁打)古賀
    •  放った安打はわずか2。ひらまつ病院は強力打線が沈黙し、佐賀銀行に1-3で敗れた。大久保豊隆監督は「初回に出はなをくじかれた。これが自分たちの実力」と冷静に受け止めた。
       守備からリズムをつくる展開を思い描いていたが、初回にプランが狂った。主戦の梅﨑潤平が立ち上がりの甘く入った球を捉えられ、5本のヒットで2点を失った。梅﨑は「流れを渡してしまった」と悔やんだ。
       失点以降は「とにかく点は与えないように意識した」(梅﨑)と切り替え、11安打を浴びながらも計3失点で踏ん張った。ただ、打線は主将の古賀翔也の左中間越え三塁打で初回に1点を返したものの、その後は完璧に抑えられ、最後まで流れを引き戻せなかった。
       出場チーム中最多の優勝8回を誇る強豪。近年は、出場した年は必ず頂点に立ってきた。2年ぶりの県アマ制覇はならなかったが、ナインは10月末に全国大会出場を控える。古賀主将は「しっかり結果を残せる準備をしていきたい」。(佐賀新聞より抜粋)
  • (投手)梅崎 (捕手)山本
  • (本塁打)久保山
  • 準決勝 勝利!
    • 梅崎投手完封
  • (投手)大原、山田 (捕手)山本、武田
  • (二塁打)川副、横岳、松本
  • (本塁打)久保山、武田
  • 準々決勝 5回コールド勝ち
  • 試合を決めた武田選手のレフト場外本塁打
  • 1回戦コールド勝利
  • 投手)林 捕手)武田
  • 二塁打)大嶋 渕野
  • 三塁打)川副
  • 林投手 5回3安打 7奪三振 完封勝利!
    • 3回 川副選手の三塁打
    • 4回裏 渕野選手2塁打
2020年09月14日